風の暗闇、命の癒し

悠久ノ風 第28話

28話 風の暗闇、命の癒し


「ここか……」

草薙は風の洞窟の奥についた。

結界を強化した時に激しく消耗していた。
そして魔物との戦い。

体の痛みが激しい。
だが草薙は歩みを止めなかった。

淡く光る理粒子の蒼光が地を照らす。
理力光の輝きが強まっている。

風の洞窟の湧水に理光が映り込む。

明らかに理力の流れを意図的に集約されている
特殊な場であり、この草薙にとって風の洞窟におけるゴールだった。
風の洞窟の最奥で、草薙は手を掲げた。

「――風の転移」

詠唱する。

「明証――」

詠唱と共に空間に扉の様な輪郭があらわれる。
扉には光があった。

その先には位相の違った光景が映り込む。
その時――

「――悠弥様」

透き通る少女の声がした。

「……」

草薙はこの声を知っている。
彼女の声だ。

光が降りてきた。蒼の光。
水を溶かした様な優しい光が草薙を包んだ。。

「――命癒」

癒しの詠唱が紡がれる。
それは回復理法。
光が草薙を包んだ。
傷や疲労が癒えていく。
(…………)

優しい光が草薙の体を包んだ。

「悠弥様……」

光から優しき光の紡ぎ手があらわれる。
黒髪の柔らかい雰囲気の少女。
蒼の洞窟の湖に映る幻想的な光景だった。

「……<命>か」

目の前にあらわれた少女。
それは草薙がよく知っている少女だった

「……ありがとう」
そっけないながらも、真摯な礼だった。

「いえ……少しでもお役に立てれば……嬉しく……思います」
草薙の言葉に<命>は深く頭を下げた。

草薙は思う。
実際、これから先の事を考えると<命>の治癒はありがたかった。
(だからこれは感謝……純粋な感謝だ)

草薙は自身にそういい聞かせた。

「本当に……いかれるのですか」

<命>は草薙を見た。
草薙悠弥の決意を彼女は知っている。

「悠弥様のやろうとしている事は……悠弥様にとって辛すぎる選択です……」

「この風守は……虚神を信仰している地です……あの戦いの後でもなお……
この地は虚神を奉じています……」

「その地を……悠弥様は……日本を守るために……」

<命>の言葉は途切れ途切れだった。

「切り捨ててきた……たくさんのものをな」

草薙の言葉が静かに響く、そして――

「それはお前がよく知っているだろう……<命>」

草薙が<命>に放った言葉に、彼女は

「…………」

草薙の問いに彼女は答えない。

「悠弥様の決断は……あまりにもあなた自身が苦しいものではないのですか……」
少女は草薙を見て、悲痛な表情を浮かべた。
その悲痛さはまるで、草薙の本心を表しているかのようだった。

だが――

「――国敵討滅」
草薙は誓いの言葉を口にする。

「悠弥様……」

<命>はわかっていた。
草薙の悪へのに容赦のない攻撃。。
それは草薙悠弥自身にも向けられていた。

故に迷いはない。自身の悪性も理解している故に。

「俺は正しい奴でもいい奴でもない。
俺は俺がやりたいからやるだけだ」

ならばそれもまた良し。その信念を貫くのみ。

「私は……悠弥様に……」
<命>は消え入りそうな声を紡いだ。

「俺は……征く」
草薙を少女の横を通り過ぎる。

<命>は震える体を押さえ、只一言、言葉を紡いだ。

「――あなたに……希望の風がありますように」

少女の祈りが響いた。